トップ 〉 安全対策INDEX 〉 設備について

  • 設備について
  • 安全指導

設備について

全方位侵入監視システム・ITVカメラ

物が動けばそれを検知し、360度パノラマ・部分画像表示でコンピュータに記録されます。正門と南東の角地(東門付近)に設置し、1日約4万画像を保存しています。この他、ITVカメラが屋上プール、中庭などの8か所を映しています。集中管理システムは、いつも人のいる職員室に置き、事務室と警備室にもモニターを設置して、多くの目で監視しています。

警備員

校舎内への侵入阻止を目的に、24時間体制で警備員を配置しています。子どもの登校時には複数の警備員がそれぞれの門につき、子どもの安全確保に努めています。さらに24時間機械警備システムも併用し、万全を期しています。

忍び返し

運動場東・南側の塀には、不審者侵入防止のため、忍び返しを設置しています。

保護者入退校管理システム

オリジナルICカードを在校生保護者に発行しており、入退校時、リーダーにカードをかざしてもらいます。登録されているカードから情報を読み取り、誰がいつ出入りしたのかがコンピュータに記録されます。カードは保護者証を兼ねているので、校舎内では名札として利用されています。

緊急時メール一斉配信システム

緊急時は保護者の携帯電話にメールを一斉配信するシステムを導入しています。そこへアドレスを登録しておくと、緊急時(警報発令時の緊急下校等)に学校よりメールが届くようになっています。必要な情報が、時差なく外出先でも確実に情報を受け取れることができます。未読者管理も可能です。

校内PHS

いつでもどこでも即時に緊急連絡に対応できるよう、担任・副担任全員が校内PHSを所持しています。また、すべての教室に校内電話が設置されており、どこからでも一斉放送を可能にしています。

防犯ブザー・GPS(位置検索システム)

防犯ブザーやGPSの紹介を行い、希望者が持てるようにしています。それらの扱いを学級でも指導し、いざという時に使うことができるようにしています。

トップヘ